主婦が稼ぐとどうなる?

mayuko
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
mayuko
Web&会計知識0から始められる主婦起業ビジネススクール「M塾」のmayukoです。公認会計士の知識を持ち、Web知識もあるので商品設計から集客、HP制作、ブログカスタマイズ、会計処理アドバイス、各種申告関係のアドバイスまでトータルにサポートします! 
詳しいプロフィールはこちら
Pocket

参加者の真剣なまなざしに感動

昨日、地域の情報誌「シティライフ」主催の「プロから学ぶ生活向上セミナー」

に登壇させていただきました。

 

今回のテーマは「主婦が資格や趣味・特技で夫の収入を抜く方法」

 

募集が始まって2週間で満席になり、募集打ち切りになったセミナーだった

そうです。

 

思った通りのターゲット層の方が続々とお越しになり、皆さん

とっても真剣に聞いておられました。

 

 

1時間しか時間がなかったので、できるだけたくさんの情報を

皆さんに届けようと、何度も何度も講座の練習を見直し、練習も・・・・

 

お陰様で今回参加された29名のうち22名が「M塾」の体験講座を

希望してくださり、12月の体験講座は会場を広いお部屋に変更しても

追いつかずもう1日別日を設定することになりました。

 

こんなにたくさんのモヤモヤ主婦がいるんだ~と思うと、私は

楽しくて仕方ありません。

どんどん輝く未来に導くぞ♪

 

こころに突き刺さった言葉とは・・?

セミナーの最後にアンケートを記載していただいたのですが、

「どのようは言葉がこころに残りましたか?」という質問を

設けていました。

 

回答では・・

・人生一度きり

・「できるか?」ではなく「やりたいか?」

・ただ方法を知らないだけ

・ママは多彩! もったいない

・優れたマーケティングはセールスを不要にする

などなど・・・

 

 

皆さん、とっても刺激を受けてくださり、これからの活力になったのなら

とっても嬉しいです。

 

どんどん個性を出して輝きだす主婦が増えて欲しい。

才能を埋もれさせたまま歳をとるなんてもったいない!

 

これからの人生のうち、「今」が一番若いのです。

今始めなくていつ始めるのですか?? ですよね?

 

 

そして、私としてもこうした言葉はただ単純に集計するわけではありません。

こういった言葉はすべていろんなタイトルに使えるという視点で

整理します。

 

こころにビビっと来たのですから、またどこかで登場させる

言葉となります。

 

 

セミナーでもマーケティングは怠りません(笑)

 

これからの「女性が活躍する社会」

先進国でも女性の首相は増えましたよね。

日本は総理は男性だけど、東京の知事は女性。

韓国もこれまでは女性の首相。

フランスもそう。

 

日本は戦後の高度成長期に男は働け、女は家で家事と

育児をしろ。子供が3歳まではお母さんがそばにいないと

ダメ。という三歳児神話というのを作りました。

 

これはすべて政府の陰謀でした。

 

戦争で何もかもがなくなった日本は生産性と効率性を求めて、

このような政策を奨めたのです。

 

 

だけど、家で主婦をしていてもおわかりになるかと思いますが、

女性の能力は高い。

 

 

マルチタスクと言って、同時進行でいろんな物事をやってのけるのは

女性の方が断然能力が高い。

 

 

一方、男性は1点集中型。

例えば、窓ふきをしていた時に玄関でピンポーンとなり、宅急便を

取りに玄関に行ったら、窓ふきをしていたことを忘れて宅急便を

開けて楽しんでいる(笑)

 

 

コミュニケーション能力にしてもしかり。女性の方が柔らかい物腰で

対応するので、大手の車メーカーのトヨタやレクサスはショールームでの

ファーストタッチは女性を採用している。

 

しかも、元CAなどかなり優秀な人材を採用している。

 

女性が本気になれば、男性を抜いてしまうのではないだろうか?

と思うのは私だけでしょうか?

 

 

そのうち、女性が外で働き、男性が家事育児をしたり・・・?

それが普通の世の中になってもおかしくない。

 

 

現実に私の知人はパパとママが逆転した。

1歳になる娘がいるのに、突然夫が仕事を辞めた。

 

すると、妻はそのことをとがめることなく自分が働きに出て

夫が主夫をしている。

 

ユニバーサルスタジオの内勤をしているので、帰りはいつも

遅い。

 

帰ると夫が友達と家でゲームをしているそう・・・(笑)

↑ま、これはちょっと「??」と思うところもありますが。

 

でも妻はそんな楽しそうな我が家に帰るのが楽しみなんだって。

 

 

いろんな夫婦の形

そんな夫婦逆転もあれば、夫がガンガン稼いでお気楽な主婦もいます。

 

でもそんな主婦でもやはり、自分の能力を試したいとか、何か仕事を

したいと思ってる主婦はたくさんいます。

 

これからは「個」の時代。

どこかに所属してないと仕事できないとか、そんな時代ではなく

会社勤めをしなくても一人でビジネスができる時代。

 

 

どんどん多彩な主婦が活躍していって欲しいと思います。

 

そして、主婦が稼ぐとどうなるか?

これは、実は2局化します。

1)夫に三行半をつきつける主婦(最悪は離婚)

2)やりがいや仲間、そして収入を持つことで夫へのストレスが減り、

夫婦が仲良くなる

 

この差は大きいですよね。

私は主婦が稼ぐのは多いに結構だと思う。

 

だけど、最終着地点は(2)であって欲しい

 

せっかく一生のパートナーとして選んだ人なのですから、

これから人生100歳といわれてる時代、老後も仲睦まじく過ごすのが

やっぱり理想かな・・・。

 

夫婦の仲が悪いと定年後の40年間は悲惨ですよ・・・

 

 

まとめ

これからは「個」を生かす時代です。

主婦でもやりがいや仲間をもち、収入を得るということが

会社に勤めなくても可能になる時代。

 

せっかくに一度きりの人生ですから、後悔のないように

「自分の人生、まっとうしたな・・・」と思って、幕を閉じたい。

 

「できるか?」ではなく「やりたいか?」が肝心。

 

楽しく自分らしく・・・・そして、夫婦仲良く人生を過ごして

いきたいですよね・・・・。

 

皆様の人生に幸あれ。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
mayuko
Web&会計知識0から始められる主婦起業ビジネススクール「M塾」のmayukoです。公認会計士の知識を持ち、Web知識もあるので商品設計から集客、HP制作、ブログカスタマイズ、会計処理アドバイス、各種申告関係のアドバイスまでトータルにサポートします! 
詳しいプロフィールはこちら







- Comments -

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください