離婚したいと本気で思っていませんか?

mayuko
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
mayuko
Web&会計知識0から始められる主婦起業ビジネススクール「M塾」のmayukoです。公認会計士の知識を持ち、Web知識もあるので商品設計から集客、HP制作、ブログカスタマイズ、会計処理アドバイス、各種申告関係のアドバイスまでトータルにサポートします! 
詳しいプロフィールはこちら
Pocket

産後クライシスとアイデンティティクライシス

かつてNHKで産後はママがとってもイライラしていることを調査し、

特番で取り上げたことがきっかけで出来た「産後クライシス」という言葉。

 

結婚した夫婦が子供ができて子供が2歳くらいまでに離婚する確率が

子供が他の歳よりもかなり多いというデータ。

 

この時期にママにどんなことが起こっているのか?

 

「産後ウツ」と言われるように、出産後の母親はホルモンのバランスが

崩れ、とっても精神的に不安定になります。

 

 

そして、動物の本能とでもいいましょうか・・・子供を守らないと

いけないという本能からとても攻撃性が増すのです。

独身の時より「母親は強くなる」とはこういうことですよね。

 

 

そんな時に夫が放った思いがけない言葉がきっかけで、長い間

その言葉に恨みをもち最後には熟年離婚・・ということもあるのです。

 

旦那様は特に意味がなく放った言葉であっても、ママにとっては長期に渡り

ずーっとずーっと根に持つほど、心の奥に突き刺さる出来事になりかねない

精神状態であるということなのです。

 

一方、男性は子供が生まれたからと言っても始めは我が子という実感もない。

カタコトで話すようになったり、赤ちゃんから見て「この人が父親だ」と

わかってもらえたと実感してようやく徐々に我が子に愛着が芽生え始める。

 

 

日中はいつもと変わらず仕事にでかけ、帰ったら子供と遊ぶことだけを

楽しみにしている能天気な父親と、24時間気も休まることなく赤ちゃんの

お世話をし、夜中も授乳で何度も起きてまとまって睡眠も取れない、

日中は常に抱っこしていないと泣いてしまう赤ちゃんを10時間も抱っこし続け、

手は腱鞘炎になり、食事だってゆっくり摂れない、お風呂だって好きな温度で

ゆっくり浸かる・・・なんて夢のまた夢・・・・

そんな毎日が延々と続く母親とのストレスのギャップは計り知れない・・・・

そして男はこういったことには全く気付いてない。

 

そんな時に夫が泣いてる赤ちゃんを見て

「おい、黙らせろや!」とか、

散らかってる部屋を見て、

「家で赤ちゃんと遊んでるだけやのに、部屋くらい片づけられへんの?」とか

ちょっと産後太った身体を見て、

「太ったんちゃう?」と心ない一言を何気に発してしまったなら・・・・

 

 

もうこれはママの逆鱗に触れてしまうのです。

ただでさえ攻撃性が高くなってるのに、そんなケンカを売られた日には

「いつか恨みはらさでおくべきかーーーー!」と心に恨みをためることに

なります。

 

ですが、この産後の数年間を乗り切れば夫婦はずっといい関係でいられる

確率の方が高い。

 

この時期さえ乗り切れれば・・・

ちょっとしたコツを覚えるだけで、夫婦が理解し合えるならそんなコツ

聞きたくないですか?

 

 

そして、

「アイデンティティクライシス」って聞いたことありますか?

これは子供が成人して手が離れた時にこれまでずっと「母親」だった

母親は「母親」というアイデンティティが崩れてしまうのです。

そんな時に夫が定年退職し、ずっと家にいる環境になって、今度は

「母親」というアイデンティティでいたはずの妻はどんなアイデンティティで

夫と接したらいいのかわからなくなる・・・・

また夫の「妻」という立場に戻れるのか・・・?

というのがアイデンティティクライシスです。

 

そんな妻の状況にも全く気付かず、定年したら夫婦で仲良く老後を過ごせると

思ってる旦那様、はっきり言って大きな勘違いだということに気付いてください。

 

これまで昼間は友達をランチに行ったり習い事をしたり買い物に行ったりと

自由に過ごしてきた妻は夫がずっと家にいることで、

・夫が遅くまで寝ているので掃除、洗濯が思うように出来なくてイライラ

・お昼ごはんは一人だと簡単に済ませていたのに、夫の食事となるとイチイチ面倒くさい

・出かけるにも何か理由を言わないといけないような・・・これまでの自由さがない!

・なんといっても同じ家の同じ部屋で同じ空気を吸うのがうざい

と思ってる主婦がほとんどなのではないでしょうか?

 

もちろんごく稀に「これで旦那様とずっと楽しい老後を過ごせるわ💖」って

方もおられるかも知れませんが、少なくとも私の周りでは上にあげたことに

「ウンウン」と大きくうなずく人の方がほとんどでした(笑)

 

産後クライシスという時期はもう昔のことだから関係ないわ!と思われる方も

次にくる「アイデンティティクライシス」には気を付けた方がいいですよ。

 

 

ということで、男と女の脳の仕組みの違いやコミュニケーションの取り方の

違いをちょっと知るだけで夫婦がずっといい関係のまま老後を過ごせるのですよーー

ということを提唱しているのが「イクメンコンサルタント」と「家事シェアマスター」

のお仕事なのです。

 

 

イクメンコンサルタントと家事シェアマスターの違い

最近、たくさんの方が私の投稿をご覧になって問合せをいただくように

なりました。

実際、資格取得を希望される方があったので早速先週、講座を開講させて

いただきました。

 

その他にも質問をいただくので、迷われてる方のために少しご説明させて

いただきますね。

 

イクメンコンサルタントとは?

基本的に学習する根本的内容は家事シェアマスターと変わらないのですが、

ビジネスちっくに学習するのがイクメンコンサルタントです。

 

このコンテンツは自分の仕事の新しい切り口にも活用できますので、

現在、保険会社の方、社労士さん、研修講師さん、講座ビジネスを

展開されている方が受講されています。

 

イクメンコンサルタントを取得すると、学習した内容で企業研修ができたり、

「イクメン」のコンテンツ使用料30%を支払って自分の仕事に役立たせる

ことができます。

 

そして、家事シェアマスターの講座を開講して講師をすることができます。

 

先日、厚労省の職業訓練校として認定されたので、他県(行政)からかなり大きな

規模の研修の依頼も入ってきています。

そして全国フランチャイズのカルチャーセンターとも提携がほぼ決まっています。

その他、大手保険会社の会長が全社員にこの講座を受講させる話も出てきています。

 

これまで、「イクメン推進」とうたってきた自治体も、実際何もできていないのが

現状でした。イクメンを仕事として活動してる団体がこれまでなかったので・・・

 

なので、この分野では日本で一番進んでる団体として活動範囲は今度かなり

大変なことになるのでは?と予想しています。

 

一度講師をしたら数万円単位の売上が見込めます。

実際の例でお話しますと、先日私の知人にイクメンコンサルタントの

講座を開講し、4日のうち2日間講師として登壇いたしました。

この場合、1名につき81,360円が私の講師料&紹介料としていただけます。

 

 

そんなイクメンコンサルタント、予想される収益性はかなり高いですが、

講座受講料は22万円(認定料、年会費含む)と、そこそこのお値段ですね。

講座は6時間×4日

 

 

ご自身のお友達が3名イクメンコンサルタントを受講し、その講師を

ご自身でされたらペイできるお値段ですね。

※すみません、関西人はこういうとこしっかりしてるので・・・(笑)

 

 

ちなみに私はイクメンコンサルタント第1号です♪

会長である秋山さんとは以前から知り合いで、この企画を始める際から

あーだこーだと口を挟んできました(笑)

秋山さんは「着想」が得意。

一方私は「戦略」が得意。

二人のコンビでいろいろな発想が生まれたり、展開を作ってきたという

経緯があります。

 

 

講座内容については北九州では有名な、夫婦関係などを長年研究されている

学者の「山本ユキコ」先生がコンテンツを作っています。

 

 

家事シェアマスターとは?

 

私の活動をご覧になった方から多かった声は・・・

「私もつらい経験がある。その自分の経験を通じて、これから産後クライシスに

なるような人を救うことができたら・・・・」

「企業に講師とかは無理だけど、小学校のPTA企画の講演とかならしてみたい」

「地域で活動してる自分に憧れる」

という内容でした。

 

そこでできたのが「家事シェアマスター」というイクメンコンサルタントの

下位の資格です。 イクメンコンサルタントが親としたら家事シェアマスターは

子供みたいな感じですかね・・・。

 

家事シェアマスターは、この講座を聞きたい!という一般ユーザー向けに講師として

活躍する人です。

どんな人が向いてるか? どんな仕事をするか?と申しますと、

・自分の地域でちょっと有名な講師になれたらいいな

・自分の経験を人に話したいな。それが仕事になるのなら・・・

・自分のビジネスの切り口として勉強したい(カウンセラーさんなど)

・子育てプラザなどから仕事が入った際に講師として活躍

・近くのカルチャーセンターで講師として活躍

 

思いつくだけでこんな感じですが、これからもっと需要は出てくるかと

思います。

 

ただ、収益はイクメンコンサルタントほどは高くないです。

子育てプラザなどの行政へ講師として呼ばれても1回3,000円~15,000円

くらいですね。

 

カルチャーセンターもそれくらい。

PTAとかも予算によりますが数千円。

 

自分のビジネス(カウンセラーさんなど)でクライアントさん集めて

この講座するとしたら一人3,000円とか設定して、×人数といった

感じです。(この場合はコンテンツ使用料は協会に支払わなくていい)

 

そんな家事シェアマスターの資格取得は64,800円です。
講座は6時間×2日。

 

まとめ

 

イクメンコンサルタントと家事シェアマスターの違い、解っていただけました

でしょうか?

今後の活動範囲についてはまだ公表できないところがあり残念ですが、

協会の会長が企業や行政に現在どんどんアプローチをかけて、講師が活躍する

場所の確保を頑張っております。

 

と申しますか、会長はそのことしか考えておりません。

それだと講師が足りないよーーーーー!と焦っているのは私だけ(笑)

 

現在、講師が足りないということでお仕事の話をストップしているところも

あります。

 

ちょっとご興味を持たれた方、是非ともご連絡くださいませ。

協会でも関西と関東で説明会を行っておりますし、私でよろしければ

詳しくご説明させていただきますよ。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
mayuko
Web&会計知識0から始められる主婦起業ビジネススクール「M塾」のmayukoです。公認会計士の知識を持ち、Web知識もあるので商品設計から集客、HP制作、ブログカスタマイズ、会計処理アドバイス、各種申告関係のアドバイスまでトータルにサポートします! 
詳しいプロフィールはこちら







- Comments -

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください