thesis examples apa science fair background research paper sample term paper writers needed the metamorphosis by franz kafka essay topics thesis statement speech informative

ビジネスを長く成功させていくためのコツ

起業の目的はなに?

あなたが起業しようと思った目的は何でしょうか?

何がしたいから?
やりがいが欲しいから?
何がしたいかわからないから?
したいことはあるけど、
どうやって広めたいかわからないから?
新しい情報が欲しいから?

みなさんいろいろ理由があると思います。

では、その問題、課題を解決する先には何があるのでしょう?

おそらく皆さん収入を得たい。収入をアップさせたい。ということですよね?

もしかしてボランティアでもいいという方には、起業には向かないかも知れません。
他にもっといい方法があるかも知れませんね。

でも、おそらく「やりがいを感じる」という意味は「その対価として収入や売り上げという数字でわかるものが結果となって表れる」ということです。

一番分かりやすいのが「収入、売り上げが上がる」ということですよね?
それでは、売上をアップする、収入をアップするために何をするか?

ビジネスネタはどこから?

ご自身がもうビジネスのネタをお持ちの方はその分野で売上があがるためにやるべきことがたくさんありますよね?

まずは何もネタが定まっていない方はまずはネタ探しから始めてください。

ここからは自分の人生の棚卸です。

「これだったら人の役に立てるかな?」の視点でネタを探すことを強くおススメします。
「これだったら儲けられるかな?」は×です。

お金儲けありきのプランは必ず人から見透かされます。バレます。それは続きません。

ビジネスは人からの信用で成り立ちます。1回限りの〝売ったら終わり″のビジネスなら「お金儲け主義」のネタでも一時的に売り上げを伸ばすことができるかも知れませんが、そういったスタイルのビジネスはずっとずっと新しいネタを提供し続けなければなりません。

でも人の信用で成り立った関係は、あなたから何かを買うことを喜んでしてくれます。そうなったらビジネスも長く続けることが可能になりますし、どんどんラクにお仕事をすることができるようになります。

それが「ファン化」というものです。
そのためにはまず目の前の相手が喜ぶこと、が大切。一人の人を喜ばすことが、次につながる。

その方が紹介してくれる。
そうやってビジネスの基盤を作っていきます。

WEBマーケティングの落とし穴

WEB上で展開しているからといって、いきなり全国の人をターゲットにしては危険です。まずは目の前の人に満足していただく。それが同じビジネスをしているライバルであっても・・です。

そんな人に人は集まります。

その結果、噂を聞いて遠方からでも受注が入るということを理解しておいてください。
これはビジネスの基本の基本。

WEBでマーケティングを始めたら、全国に発信することができるので勘違いしてしまう方がいます。

全国に発信はできるけど、まずのは満足していただくのは目の前にいる人です。
集客でうまくいっていない方はそこを見落としがちです。

そして、やはりビジネスで成功して何がしたいか?も明確にしておく必要があります。
お金儲けが目的ではないはず。そのお金で何がしたいか?を明確にしておくのです。

例えば・・・
・子供の習い事をしたいだけさせてあげたい
・お友達とリッチなランチに行きたい
・優雅な旅行がしたい
・お金のことを考えずに買い物がしてみたい
・夫を見返してやる!

が、得た収入の先(使い道)ですよね?

その額、いったいいくらですか?
その生活、その行動ができるために必要な額はいったいいくらなのだろう?

それが今収得したい収入の額になるはず。
それをまずは目標に頑張るのです。

そして、人の「欲」は限りがありません。
おそらく上記の額に達成したら次の目標、したいことが出てくるはずです。

そこでまたゴール設定をしなおし、ゴールにあったプランを立て直す。

そうやってどんどん道を作っていく。そんなスタイルを想定してくださいね。

ちまたでは月収8桁達成しました!
そんな人がたくさん目につくこともあるかも知れません。

スゴイですね。羨ましいですね。

でもそんな人がホントにいたなら、それはホントにマレです。
そして、そんな人にも「1歩」が必ずあったということ。

何もしてなかった人がいきなり月収8桁なんてありえません。
だからこそ、あなたの「地固め」が大切です。

まずは「人のために自分にできること」を見直してみてください。

昔から得意だったこと。
こんなことで人が喜んでくれたな~
という視点でネタを探してください。

 

 

関連記事

カテゴリー

PAGE TOP