プロフィール

Pocket

 

  名 前 Mayuko.A
  出 身 兵庫県神戸市
  居住地 兵庫県西宮市
  職 業 株式会社ママピット 代表取締役
  家族構成 夫と9歳の息子、7歳の娘の4人暮らし

 

資格その他
・一般社団法人 イクメンコンサルタント認定講師
        家事シェアマスター認定講師
・一般社団法人 おいしい防災塾理事
・全米NLP協会 認定 NLPプラクティショナー
・日本NLP協会 認定 NLPプラクティショナー
・LABプロファイル

 

 

もともと結婚して子供を産むという夢を持っておらず

バリバリとビジネス展開をしていたかった独身時代。

 

 

 

某財閥企業の役員秘書の仕事を退職後、

エステティックサロン、アナウンサー司会業、

営業マンコンサルタント、

料理教室等のビジネスを展開。

自分の能力を試したいと思い立ち、

公認会計士の知識も取得。

ずっと一人で仕事をして生きていくと思っていた。

 

 

ですが‼

 

30歳を超えたころに姉に子供ができ、姪っ子の存在が出来てから

「私も子供が欲しい!結婚したい!」と思うようになり、

焦って結婚することを決意。

 

 

現在の夫となる「俺様タイプ」の2歳年下の男性と出会い結婚。

その後1男1女を授かる。

何事にも完璧主義の性分の私は、

精一杯「良き妻」そして「良き母」を演じていた。(☚はず)

 

でも子供ができ余裕が無くなったころから

子供と向き合うだけの生活にモヤモヤを感じ、

夫にやつあたりの毎日に。

 

 

あ、いや、夫にも不満が積もり始める・・・。

 

 

そんなモヤモヤの状態が2年ほど経ち、

このままでは自分の人生は楽しくない!

こんな毎日を生きるのもつらい・・

なんとかしなければ!という思い、

 

そして、

毎日イライラしているのは

もしかすると自分の方に問題があるのか?

と思い、

NLP

(神経情報プログラミング言語:心理学)

を学ぶ。

【※NLPとは?】

元々は欧米を中心にセラピー(心理療法)の

分野で急速に広まったNLPですが、

現在ではその驚異的な効果性を得るために、

世界のトップビジネスシーンやスポーツの

世界などでも幅広く活用されています。

 

 

NLPを学んで子供や夫への考え方の変換が出来るようになり、

いつもイライラいていた心がフッと軽くなり、

徐々に以前の元気いっぱいの自分を取り戻す。

 

 

更にその頃「子育て中のママが社会とつながり仕事をする」

という活動を行っている某NPO法人の立ち上げに携わり、

全国展開の中心メンバーとして全国を飛び回る。

 

 

そこでたくさんのママたちがやりがいと仲間を得ることで

どんどんと輝いていくのを見届ける。

 

 

そこで数百人のママと出会い、感じたこと。

「ママは能力が高い!」

 

「ママでいるだけではもったいない!」

 

「能力を活かすフィールドさえ整ったら

イキイキと輝きだし、どんどん発揮する!」

 

「ママを眠らせておくのは日本の損失だ!」

 

 

私のこのような経験から、

現在、子供や旦那様への不満やイライラが積もってしまっているママ達が

そのイライラを解消し(⓵)、

その後ご自身の魅力を発掘しビジネスで収入を得れる仕組み(②)

をフォローしたいと思い、

①ママのコーチング&心のカウンセリング

②ママのプロデュース&コンサルをすることを決意!

 

現在、ママ専門の心のカウンセリングと

起業ビジネススクール/コンサル業を

しております。

 

独身時代から数々のビジネスに携わり、

公認会計士の知識を持ち、

企業の経理事務全般の実務実績があり、

Web関係にも強いことが

私の強みです。

 

 

そもそも旦那様に不満がある主婦というのは

専業主婦が圧倒的に多いそうですよ。

 

仕事ややりがいを持った主婦は旦那様への不満が生まれにくい・・・

 

なんとなく理由がわかりますよね?

家庭以外にエネルギーを発散するところがあれば、

子供や旦那様への不満もどっか行っちゃうもんですよね♪

 

 

主婦となり子育てだけしていく環境のなか・・・

もう人生の折り返し地点・・・

私のこれまでの経験やノウハウが

誰かのお役に立てるなら嬉しいです。

 

 

なんだかパッとしない人生を送ってるな~、

私の人生こんなもんじゃないはずなのに・・・

と思われる方、

是非とも行動を起こしてみてください。

 

 

人生が変わるのは1日でも早い方がいいです。

 

これまで「もったいない生き方」してきたな~と

気付くのは

1日でも早い方がいいです。

 

 

だって自分の人生に残された時間は限られているから。

 

 

1日でも多くの「幸せな日々」を送れますように・・・