samples of resume profile saskatchewan business plan guide south park research paper sample salary requirements on resume school essay editing sites gb the thesis dialect thesis grants nepal thesis statement examples for prostitution

ビジネスの0→1を乗り越える方法

たくさんの人が起業している昨今、せっかくビジネスを始めたのに長く続かない人がたくさんいます。おっと!ここで「そうなの私もだ!」と思い当たる節がある方はいらっしゃいませんか?

そうなのですね大抵の方は「成功の世界」を見ずに途中で挫折してしまう。これは私からすると非常にもったいない。今日はなぜビジネスはゼロからイチにするのが大変なのかについて解説します。

 

①あなたに対して信用がない

まず第一の原因は「あなたに信用がない」ということが考えられます。そりゃそうですよね。まず売っている人がどんな人なのかがわからないとその商品を信頼することができません。商品の信頼価値を上げるには売っている人そのものに信頼があることが大前提です。

あなたの信頼価値を上げる解決策として、
・接触頻度を増やす
・丁寧に対応する
・誠実な対応を心がける

ということが必要です。

 

②商品に価値がない

そして次に考えられる理由として、商品に価値がない。ということが考えられます。これは致命的ですね。この商品に価値がないと言うのは捉え方が3つあります。

1.その人にとって値段が高すぎる(その値段の価値がない)
2.今はそのタイミングではない
3.あなたから買う必要がない

なぜその商品が売れないのかと言う点についてはこのように原因を分解する必要があります。

1.値段が高すぎる

まず1番目の値段が高すぎると言う点についてですが、これは人それぞれ値段に対する感じ方は違うので「この値段が適正です」と言う値段はないと言うことを覚えておいてください。

高いか安いかの基準は客が決めるのです。単純にその人にとって価値があるかどうかですね。私はよくこのような例え話をします。

 

私「ここに500万の車があります。この車欲しいですか?」
A「あ、いえ、、、、。いらないです」
私「好きな芸能人は誰ですか?」
A「佐藤 健です」
私「ではこの車は佐藤健がずっと愛用していたポルシェでこの車を買うと毎日佐藤健が隣で運転してくれる車です。欲しいですか?」
A「欲しいです!」

となるわけなんですね。商品が何か?よりもそれがどんなものなのか?ポイントだと言うことです。その商品においてどんな未来が達成できるのか?その人にとって価値があるのか?が重要です。

佐藤健のファンではない方にとってはポルシェであっても500万円はやはり高いと感じるわけです。また、最初の質問で500万円の車が安いと感じる人はそこで買いますと言うかもしれません。

このような例から理解していただけるように人はモノを購入する際、値段だけでは判断していないと言う事なのです。その人にとって価値があるかどうかにフォーカスして商品を紹介していきましょう。

 

2.今はそのタイミングではない

次に2番目の今はそのタイミングではないと言うパターン。
これはズバリ「見込み客」という言われる方々ですね。お客様予備軍であります。なので、今はまだ購入段階ではないけどいずれはお客様になってくれる可能性の高い方々。そのような方々に必要なのは接触頻度を高めて信頼関係を構築することですね!

そうすることでいざ「その時」が来たらあなたを選んでもらえるようになります。このお客様予備軍があなたにとってとても重要なお客様になってきますので、この「見込み客」への情報を中心に発信していきましょう。

 

3.あなたから買う必要がない

そして最後の3のあなたから買う必要がないパターン。
この課題は起業家にとってかなり重要なポイントです。ネットの社会がこれだけ活発になると、同業者の情報なんてスマホ叩けばたーーーーっくさん出てきます。その中で自分の商品、サービス、そして自分に価値を見いだしてもらえないと「購入」にはいたりません。

大企業に勤めていてその企業に価値があったり扱っている商品に知名度や価値があれば誰が売っても売れますが、個人起業家はそうではありません。商品を選択するかどうかの基準にはあなた自身が大きな要素となることを覚えておいてください。
逆にいうと個人だからこそ、商品に「自分」という付加価値をつけることが可能なのです。

同じ商品を扱っているならばあなたを選ぶわ!と言ってもらえるのが理想ですね。

それには、
1.誰よりも負けない知識を付ける
2.自分のキャラを出す

これで勝負ですね! 特に2の「自分のキャラを出す」というのは評価をするにおいてかなりのポイントをしめます。
こんな経験ありませんか?
画像や文字で伝えていることはピカイチで、すごくファンになっていたのにYouTubeでしゃべっているところを見てイヤになった。とか・・・(笑) なので、しゃべり方や声のトーンなんかでもこの人いいな!って思ってもらえるのは大きなポイントです。

ですが! だからと言って万人受けすることを目指さないように! 個性を出すとアンチは必ず出ます。 それを恐れて万人受けになってしまったら「その他大勢」の一員になってしまうので気をつけてくださいね。

そして、逆に1の誰よりも負けない知識を付けるという点においては、知識だけに頼らないこと!今どき、専門的な情報はどこでも手に入ります。しかも無料で・・・。あなたの情報がただの本になってしまわないように気をつけましょう!

 

まとめ

ビジネスは起動によるまでが一番大変です。いわゆる0→1にするのが一番大変なのです。

そのためにみんないろんな情報を得てセミナーに参加しいろんな情報を得て行動していると思うのですが、小手先のテクニックで0→1にはなりません。テクニックはある程度の売上があがってきてから有効となるものです。

なので、0→1にするために一番初めにすべきことは、
1.自分を信用してもらう
2.商品と自分に自信をつける
ということが必要です。ここが満たされていないと0→1には絶対になりません! といってもこれはビジネスにおいてはめちゃめちゃ基本のことです。小手先だけのノウハウばかりを追わずに「自分を信用してもらう」「商品と自分に自信をつける」ために何をすべきかを考えて行動すればおのずと売上があがるようになっていますので、ぜひ皆さん諦めずに0→1を乗り切りましょう!

関連記事

カテゴリー

PAGE TOP