夫の転勤のメリット・デメリット

mayuko
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
mayuko
Web&会計知識0から始められる主婦起業ビジネススクール「M塾」のmayukoです。公認会計士の知識を持ち、Web知識もあるので商品設計から集客、HP制作、ブログカスタマイズ、会計処理アドバイス、各種申告関係のアドバイスまでトータルにサポートします! 
詳しいプロフィールはこちら
Pocket

11月から夫が関東に転勤

結婚してからずっと今年は転勤あるかも、今年こそ転勤あるかもと言い続けて

10年。

とうとうその日がやってきましたーーーーー!

11月から西麻布勤務の夫。

 

その話は少し前からひしひしと感じていたので、内示が出た時は私はさほど

驚かなかったのですが、夫のショックがひどい・・・・

 

かねてから・・

・関東は住むとこちゃうと言ってた夫。

・休みの日には絶対に街に出ず、山や海、公園など自然をこよなく愛する夫。

・土日は息子のサッカーのコーチをしている夫

・平日は出張続きの夫

・掃除、洗濯、クリーニングなど家のことは全くできない夫

・快適な暮らしを重視しているのでワンルームなんてありえない夫

まず、一人暮らしなんて無理です。

2週間ほどで家も探さないといけない。しかも家賃補助の上限があるので

快適な環境に納まるとも考えられない。

 

先週末に決定してからは夫は肩を落とし、どよ~んとしている・・・

 

一方私は・・・

・やったー! オリンピック行けるーーー!

・やったー! 冬休みにディズニー行こう!

・やったー! 関東に拠点ができるーーー!

・やったー! 憧れの(←憧れてたんかーい!)関東ライフを嗜める!

 

とニヤニヤが抑えられません。

 

 

夫との気持ちの差がうまらない私がつらい・・・(笑)

落ちこんでる夫に付き合ってあげられない・・・こんな嫁でごめん!

 

 

 

あ~、それにしても楽しみでワクワク、にやにやが止まりません

 

 

日本の雇用条件は海外と比べてナンセンス!

 

はい、日本の労働環境だと旦那様が転勤になるケースは珍しくもないのですが、

海外諸国では転勤で家族が離れ離れになるなんて信じられないようですね。

でも日本は家族や生活環境を重視せず、仕事優先が普通。

 

転勤を断ると出世に関わる。

転勤を断るとやる気がないと捉えられても仕方ない。

 

そんな労働環境が普通です。

でも海外では快適な生活をするために仕事を選ぶ、というのが通常。

 

 

カナダでは高校生の時、将来の仕事を選択する際にまず自分が送りたいライフスタイルを

先に考えます。

例えば、土日は休みがいい。土日は子供と遊びたい。転勤がない仕事がいい。

〇時には帰れる仕事がいい。などなど・・・

ならば〇〇の仕事に就こう、とか、〇〇(場所)の仕事を探そう、となり仕事を決める。

 

 

ですが、日本は違いますよね。
まずやりたい仕事を決める。その仕事に就くにはどんな大学に行き、どんな勉強をして・・・

と考える。

 

そこに生活スタイルを加味した検討の余地なんてないのです。

こういった風土が日本人男性が本来望む生活とのギャップが生まれて苦しいサラリーマン

生活を送ることになるのですよね~。

昔は子供の入学式に行けないパパなんてたくさんいましたよね?
今でこそ、徐々に理解が生まれてきたようですが・・・

 

しかもそこに突然の転勤という事態が起き、妻や子供も付き合わされる。

仕事をしている妻が犠牲にあう。子供がイジメに合う。

 

女性の社会進出とか、言ってますけどまずそこを改革していかないと

女性が働きやすい職場なんて夢の世界で終わってしまう。

 

夫が転勤するメリット

 

ですが、夫の転勤はデメリットばかりではない。

先ほども述べたように、私の場合メリットの方が大きかった。

生まれてからずっと関西に住んでる私は主婦でいる限り、夫の転勤でも

なければ他の地に住むこともない。

もちろん今回は単身赴任なので、私と子供たちはこのままの生活ですが、

夫が住んでるとなると旅行で関東に行くのとはワケが違う。

 

 

東京へは独身時代に何度か仕事で足を運んだことはあるし、出身は神戸、

住んでるところは西宮なので都会に憧れるというわけではないですが、

やはり東京に拠点ができるとなるとちょっとワクワクします。

 

 

もし関東でなくても、ママ友の中には仙台や広島に転勤した方もあり、

一生のうちにいろんなところで住めるのってちょっといいなぁって

思っていたので、私の場合は転勤に悪いイメージはなかったのです。

 

メリット多し・・・

子供たちの転校にさえ、気を使わなくてよかったならばむしろついて行っても

いいくらい。

 

 

夫の転勤のデメリット

やはり転勤となると「嬉しい!」って人よりも「エーーーーーっ!」って

感じる人の方が多いということはデメリットの方が多いのですよね。

 

まず、一応単身赴任では関東での家賃補助はでるものの、うちの場合月に10万ほど。

この予算でいい大人が住むようなマンションを関東で見つけるにはちょっと難しい。

ホントに仮住まい的な空間になると思うとちょっとかわいそう。

そして、基本は自分で掃除洗濯をしないといけない。食事はほぼ外食になる。

 

 

まぁ、我が家の場合こちらでの生活でも平日はほぼ西日本を出張で飛び回っており、

帰宅するのは金曜日の夜くらいなので、環境的にはさほど変わりない気がするけど、

掃除洗濯はやはり気になるところ。

 

 

そして妻が転勤に付いていく場合、妻の仕事がどうなるのか?は大きな問題。

ある程度責任のある仕事、やりがいのある仕事をしている女性にとってたまったもん

じゃないですよね。

 

転勤が多い子供はイジメに合うというのもよく聞く。

 

我が家のように単身赴任であっても、やはりダブルの生活になると何かと出費も

かさむ。

 

早速、関東での家探しや備品の調達など私が行って準備しないといけないと

ゆうことになり交通費もかさむ。

 

もちろん夫の帰省費用は月1回分ほどしか支給されないので、子供のサッカーの

コーチをしている夫はもっと交通費がかかってしまう。

 

やはりデメリットは大きい。

 

夫の転勤で妻があたふたしないでいいために・・

 

幸いながら、私自身はどこに行っても何も影響を受けない身軽な状態である。

どこでも寝れるし、どんな環境にもすぐに順応するタイプなので、関東の水が

合わない、風土が合わない・・という心配もないし、なにわともあれ仕事が

自由であること。

 

 

起業塾を西宮で開催しているけど、今やzoomというありがたいシステムを使えば

どこでだってみんなとつながれる。

 

コンサルも現在のクライアントさんは名古屋、横浜、四国、京都などともともとが

各地に散らばっているので私が関東に住もうが関西に住もうが何も影響しない。

ネット環境さえ整っていればどこにいても仕事ができる。

 

主婦だって、やる気と環境さえ整っていればちょっとしたコツを覚えるだけ、

ちょっとしたやり方を覚えるだけで簡単に収入を得ることができ、どこででも

仕事を展開できる。

 

 

このノウハウを早くたくさんのみんなに知ってもらいたいなぁと常々思っています。

夫が転勤になっても、まったく動じない妻。

夫が転勤になってもどこでも収入を得られる妻。

夫が転勤になっても自由なお金で現地のライフを楽しめる妻。

 

すごく理想じゃないですか~。

 

もし、ちょっとでも過去に人に褒められたことがある方。

人よりちょっと〇〇ならできるわ、と思うことがある方。

過去のあの仕事を生かしたいなぁ・・・と思われる方。

自分の趣味、特技で効果的に収入を上げる方法ないかなぁと思われてる方。

とにかく、自由になるお金が欲しいからビジネスノウハウ教えて欲しい!って方。

旦那の収入抜いてやるーーーという頼もしい方。

 

ちょっとビジネススクール体験講座を受講してみませんか?

次回は10月27日(金)です。※今回だけ異例で金曜日です。

※遠方の方は別日でzoom開催しますのでご相談ください!

この記事を書いている人 - WRITER -
mayuko
Web&会計知識0から始められる主婦起業ビジネススクール「M塾」のmayukoです。公認会計士の知識を持ち、Web知識もあるので商品設計から集客、HP制作、ブログカスタマイズ、会計処理アドバイス、各種申告関係のアドバイスまでトータルにサポートします! 
詳しいプロフィールはこちら







- Comments -

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください