site www college admission essay com fairfield scouts maturation essay thomas calculus online homework tips for integrated writing in toefl thesis signature page latex thesis age and performance thesis on islamic banking and finance term paper nutrition

今後最先端を行くかもしれないLINEの活用法

あなたは LINEは活用されていますか?

SNSはイヤだという方でもLINEをされている方はとても多い。

そして今では高齢者でもLINEを活用されている方か多いですよね?

お孫さんとのやりとりなどとても簡単に行うことができますからね。

 

 

私たちのビジネスにおいても数年前までの主流はメールマガジンでしたが、

最近ではline@が大変人気です。

 

LINEとは違うline@はご存知でしたか?

この違いについては今日は触れませんが、

もし気になる方がいらっしゃいましたら是非調べてみてください。

 

 

※line@はお客様とのコミニュケーションを必要とするビジネスをされている方、

店舗を持たれている方などにとってはとても優秀なツールです。

 

 

さて、今日はline@も含めてLINEについて少しお話しをしてみたいと思います。

 

LINEと言えばお友達や身近な人とのコミニケーションツールという使用方法が

大半を占めていると思いますが、最近では企業がどんどんこの便利なツールを

使い始めています。

 

 

どんな企業がどのような活用をされているのかを1つご紹介させていただきます。

 

それは「損保ジャパン日本興亜」という皆さんもご存知の保険会社です。

 

こちらの会社ではお客様との事故の対応に LINEを使用しているのです。

 

 

LINEはテキストとして残り、チャットはレスポンス(反応、返事)が

とても早いのでコミニュケーションツールとしてはかなり優秀です。

 

 

その上、画像や動画を送れるので傷害物の写真や修理見積書の画像、

さらにはドライブレコーダーの動画等まで添付することが可能なのです。

 

 

特に今の若者世代では、SNSの普及とともに電話によるコミニケーションに

抵抗を持つ方が増えてきています。

 

 

そんな中いつもの生活の 一部として使用しているLINEによって

こういった処理を簡単に素早く行えるということが最大のメリットです。

 

なるほど〜、ですよね。

 

 

これまでは事故の事後処理として必要書類を郵送によってやりとりをしていましたが、

LINEであればその必要もなくなり、事故受付から支払い手続きまで1時間半で

完了することもあるそうです。

 

 

とても効率がいいですよね。

 

※損保ジャパンには独自に開発したチャットシステムがあり、

個人情報の取り扱いについては損保ジャパン内のチャットルームを使用するので

安心だそうです。しかもお客様のスマホ端末にもデータとしては残らないとか…。

 

 

このように普段なにげに、そして身近に使っているSNSでもどんどん自分のビジネスに

活用ができると仕事の効率がとても良くなることがあります。

 

 

昔ならば、「チラシを巻く」といったようなアナログな手段で認知をしてもらうしか

なかったかもしれませんが、これからはどんどんこのようなコミュニケーション&

マーケティング手法を使わなければ取り残されてしまいますよ!

 

 

個人情報が心配だからFacebookはやらない、

lineもやらない、

と言う方はどんどんビジネスの可能性の道を狭めていってしまうことになるかもしれません。

 

 

もうすでに大半の人が携帯電話を持っているように、

SNSをやらない方がおかしい時代になっていくのですよね。

使い方次第です。

 

関連記事

カテゴリー

PAGE TOP